1. HOME
  2. お知らせ
  3. 収蔵作品展「須賀川を訪れた俳人たち」 関連事業「100年を寿ぐ~シリーズ連句の試み」

収蔵作品展「須賀川を訪れた俳人たち」 関連事業「100年を寿ぐ~シリーズ連句の試み」

2022年、俳誌「桔槹」は創刊100周年を迎えます。当館では、それを記念し収蔵作品展「須賀川を訪れた俳人たち」を開催しています。俳句はもともと俳諧連句の発句が独立したものでした。連句は複数の人が、五七五、七七と詠み合います。

本企画は、桔槹ゆかりの人物の作品を発句(五七五最初の句)とし、半歌仙(十八句)を五回にわけて巻いていく試みです。

◆第1回 2月25日 桔槹創立同人、須賀川牡丹園園主であった柳沼破籠子(明治8年~昭和14の句を発句としました。

◆第2回 3月11日 桔槹吟社創立同人、俳諧の研究者としても知られた矢部榾郎(明治8年~昭和14年)の句を発句としました。

◆第3回 3月25日 明治の須賀川俳諧の宗匠だった祖父を持ち、桔槹吟社創立同人である道山草太郎(明治30年~昭和47年)の句を発句としました。

◆第4回 4月22日 桔槹の後進の指導に努めた鈴木薊子(1902-1987)の句を発句としました。

◆次回、第5回は5月27日開催します。

新着記事

お知らせ一覧
Translate »